株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

最近の投稿

YahooとGoogleの複合キーワード

YahooやGoogleで検索した際に複合キーワードとしてたくさんのキーワードが出てきます。

この複合キーワードはよく検索されていたり、これって関連あるんじゃないの?などで出てきたりします。

実はこの部分・・

続きを読む

ヤフーがスマホ向けアプリ全面リニューアル

ヤフー(Yahoo! JAPAN)は2013年2月25日、スマートフォン/タブレット端末用Yahoo! JAPANアプリを全面リニューアルしましたね。
iOS/Android用の新アプリは、App StoreやGoogle Playから無料でダウンロードできる。

2008年のiPhone向けアプリの初リリース以来約5年を経て、現在の利用環境に応じた全面リニューアルを実施した。
Yahooアプリは僕も入れていましたが、あまり使っていなかったですし、はスマホでは若干、使いにくかったのがネックだったような気がします。

リニューアル点ですが、Yahoo! JAPANの全サービスをアプリ経由で利用できるようにしたというところと、メールや天気予報、占い、ニュース(トピックス)などを1画面に集約し、アプリを開くだけで画面遷移なしに情報を得られるというところです。あとニュース(トピックス)については、国内・経済・スポーツなど分野別に合計72本ある主要ニュースを一覧でき、先読み(キャッシュ)機能によって、いったんニュースを取り込んでおけば、電波状況が悪い場所に移動してもスムーズにニュースをチェックできるようになった。検索機能も充実させTwitterやFacebookへの書き込みを即時に検索できる「リアルタイム検索」機能をアプリからスムーズに利用できるようにした。

今回のリニューアルでどこまでのユーザビリティを伸ばせているかがカギです。

http://pr.yahoo.co.jp/release/2013/0225a.html

YahooがBingに切り替わるタイミング

こんばんわ。

多くのサイト管理者やネットマーケティングをする人たちが、今最も関心を寄せているのが「Bing日本上陸のタイミング」ではないでしょうか? SEOコンサルの中では、今年の初旬・・1月26日のYST Index Update(http://www.ysearchblog.com/で発表がありました)によって、今年の2月くらいにはYahooからBingに変わると予想している人が多かったと思います。

しかし・・未だに切り替わる様子がない。

日本市場でのYahoo!は、米国Yahoo!とは別法人が運営をしていてます。
つまり親会社のソフトバンクが決めます。Bing上陸でソフトバンクがどう動くのか?

ソフトバンクは携帯会社を買収して、あっという間に日本携帯電話市場で一定のシェアを獲得するほどのマーケティングが上手な会社です。その子会社のYahoo!JAPANが検索エンジンBingを搭載するとなると、携帯でのネット市場もふまえた上でのマーケティングを仕掛けてくる可能性が高いと思っています。

・・・となると相当、考えて切り替えてくるはずです。

PCでの検索市場では、既にgoogleが携帯市場を独占しつつあり、テレビCMを開始してPCでのシェアを奪いに来ていますので、
更に注意深く行っていく事が予想されます。PPC広告市場を見ても、オーバーチュア社(旧YAHOO!子会社でリスティング広告サービスを提供していた)を吸収しましたし・・

Yahoo!もgoogleもポータルサイトとして、広告収入を獲得するためには、日本の検索ユーザーを獲得したいと思うのは当然ですよね。ソフトバンクの子会社であるYahoo!が現在のgoogleのテレビCMをよく思っていないのは、容易に想像できます。検索エンジンを載せかえて、最悪のトラブルが起きたら現在の圧倒的なシェアを簡単にgoogleに奪われてしまうので、しっかりとしたテストとマーケティング戦略を構築していくと思います。

米国のYahoo!がBingに変わり、その様子を見てからの日本上陸すると考えれば、日本の検索市場はしばらくBingに
切り替わることがないのではないかと考えられます。しばしばブログなんかでも書いていますし・・

しかし、安心してはいけません。時間の遅い早いは別にして、いづれBingが上陸してくるでしょう。そのときには今のYahoo!とは違ったSEO対策をしなければなりません。現在のBingは、SEO対策をしようにも色々と不都合なことがあります。linkコマンドが使えなかったり、現在のSEO対策で強化していることが、逆にペナルティになることも可能性的には0ではないからです。

今はまだ、Yahoo!やgoogleに対応した順位対策を講じておき、本当に検索ユーザーが求めているコンテンツを満載にしたサイト作りをすることが、「Yahoo!はいつBingに変わるか?」という不安を解消する答えになるのでしょう。

個人的には早く切り替わってほしいなぁ~なんて思っています。
楽しみですから・・ではまた。

1
PAGETOP