株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

最近の投稿

個人輸出ビジネスの関税について

世界中に「関税」という税金があって、この関税は各国が国内産業をしていく中で重要な税と言えます。

例えばこの日本においては、海外からの輸入アイテムが10,000円以上する場合、税金が発生し輸入側の国がこれを支払う義務があります。
一方の輸出でしたら日本側が海外へ輸出しますので、その商品を買った国側が関税を支払うという流れになるのです。

続きを読む

個人輸出ビジネスのメリット(休暇)

会社に通勤する方なら、休暇を利用して旅行する場合1泊や2泊程度なら週末を使えばプラス1日休暇をもらえば大丈夫ですが、もしそれが長期で1週間前後の旅行であった場合はそれこそ年に何度も行けませんし、仕事の調整もあるでしょうから随分前もって上司に申し出なければならない事でしょう。

多くの社員と共に勤務しているので、個人的な事情で穴を空ける分の調整は当たり前ですが、これもなかなか容易ではないはずです。

続きを読む

個人輸出ビジネスのデメリット

円安の傾向が進んで行くと、個人の輸出ビジネスで得られる利益が増えるように、このビジネスにおいてのメリットが格段と目立ってくる事と思います。

このように良い情報だけを元に、ビジネス自体をたやすく考えたままスタートしてしまう人がいるかもしれませんが、何にでもメリットにデメリットは付き物なわけですから事前にしっかり理解してから行動するべきです。

続きを読む

「個人輸出ビジネス」にはたくさんのチャンスが有ります

「個人輸入ビジネス」というワードは耳にした事があるでしょうが、「個人輸出ビジネス」は初耳の方がたくさんいると思います。

イメージ的に輸出と聞くと、会社が外国へ商品を売り出すビジネスを想像しますが、海外向けのオークションを活用すれば個人での輸出ビジネスが可能となるのです。
現在、このような方法で個人の輸出ビジネスに取り組もうとする方が増加しています。

続きを読む

個人輸出ビジネスで儲けてみましょう

長引く不況により収入は上がらないのに何かと出費だけは嵩んで、生活費のやりくりが厳しくなっている人達も少なくないと思います。
こんな不景気な環境を打破するべく、安い品物を海外から仕入れそれを国内で販売するという個人輸入を副業として始めるサラリーマンがいるようです。

とは言え近頃では円安が続いていますので、個人輸入で稼ぐには限界があるようで、中には個人輸出を行うサラリーマンが増加しています。
これは完全なビジネスと言える程の規模ではないのですが、副業のお小遣い稼ぎとして始めている人が現在は結構多く見られます。

続きを読む

PAGETOP