株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

最近の投稿

通信量を抑えたい人のモバイルデータ通信

スマートフォンやタブレットは、携帯電話会社と契約して使うもの。
それがほとんどの人にとって当たり前のことでしょう。
しかし最近では、携帯電話会社に契約しなくても、高速モバイルデータ通信ができるようになってきています。

高速モバイルデータ通信を利用するのに必要なのは、スマホやタブレットなどの端末と、SIMカードです。
従来は、このSIMカードは携帯電話会社に契約してつけてもらうことが一般的でしたが、最近ではこのSIMカードだけが販売されています。

従来の方法と比較すると、このようなモバイルデータ通信サービスにはさまざまなメリットがあります。

まずは何と言っても値段です。
たとえばOCNで提供しているOCNモバイルONEは、月額1,000円未満で使うことができます。
これは携帯電話会社との契約と比較すれば、圧倒的な安さです。
携帯電話会社と契約した場合、基本料、パケット定額料、オプション料など、いろいろな料金がかかってきますが、このようなモバイルデータ通信サービスなら、月額の値段以外は必要ありません。
しかも、携帯電話にありがちな2年縛りなどもないため、必要なくなれば気軽に解約することができます。

しかもOCNモバイルなら、対応エリアはドコモと変わりありません。
そのため、ドコモの携帯電話がつながるところなら、どこでも使用可能です。
契約も簡単で、わざわざ店舗に出向く必要もなく、ネットで申し込むことができます。
月々のパケット代を安く済ませたいと言う方には必見のサービスです。

モバイルデータ通信を料金だけで決めてはいけない理由

モバイルデータ通信と聞くと、多くの人が思い浮かべるのが「イーモバイル」や「WiMAX」ではないでしょうか。
どちらもモバイルデータ通信の大手で、現在使っている人も多いでしょう。

しかし最近では、各携帯電話会社でもモバイルデータ通信を提供するようになってきています。
携帯電話と同時契約することにより料金が割引されたり、元々ある広いサービスエリアで利用ができたりなど、メリットもいろいろとあります。

各会社の料金を比較してみると、ドコモとauが高くなります。
料金だけを考えるなら安い方がいいと考えがちですが、それは少し待ってください。
問題なのは「サービスエリア」です。
多少安くても、使えない場所が出てくるとなると、本当にそれがお得かどうかは難しいでしょう。
月々の支払いが多少減ったとしても、使える場所が制限されてしまうのでは意味がありません。

たとえば、WiMAXは超高速で通信ができますが、それを十分に使えるのは、あくまでもWiMAXの対応エリアだけです。
しかし、他のサービスなら、超高速エリアであれば「Xi」や「LTE」、通常エリアなら「3G」と使い分けがなされているため、つながらないということはほとんどありません。
携帯で通話できるところであれば、どこでも使用可能というのは大きな強みです。

せっかくコストをかけるのですから、広いエリアで使用できるに越したことはありません。
そう考えると、単純に利用料金だけで比較して決めてしまうのは早計といえるでしょう。

モバイルデータ通信の会社ごとの比較

少し前までは、モバイルデータ通信を利用している人といえば、外出先でパソコンを使う必要があるサラリーマンくらいでしたが、最近では若者でもWi-Fiルーターなどを持っていることが多くなりました。これはイーモバイルが広く普及したことと、サービスエリアが拡大したことに理由があります。また、タブレット端末がどんどん増えてきているのも関係しているかもしれません。

続きを読む

モバイルデータ通信

top

【モバイルデータ通信を契約する前に】

エリアによっては、モバイルデータ通信の通信速度もだいぶ速くなってきているため、固定回線を解約してモバイルデータ通信1本にしようと考えている人もいるのではないでしょうか。

確かに何年か前と比較すると、モバイルデータ通信の通信速度は比べものにならないほど向上しています。
家だけではなく、外出先でも使えることができるというのも大きなメリットです。
しかし、モバイルデータ通信を契約する前に、いくつか確認しておいた方がいいこともあります。

まず、自分がメインで使用するエリアが、契約を検討する業者のサービスエリア内かどうかという点です。
いくら速度がウリのモバイルデータ通信であっても、日本全国どこでも同じ速度が出せるわけではありません。
まだまだカバーされていないエリアもありますし、つながりはするものの、メインエリアと比較すると、そこまでの速度が出せないケースもあります。
そのため、契約前にきちんと対応エリアを確認しておきましょう。

また、もうひとつ確認しておいて欲しいことが、モバイルデータ通信の縛りです。
携帯電話の契約でもおなじみですが、モバイルデータ通信においても、一定の期間継続して使用しなければならない縛りがあります。
この期間内に解約してしまうと、違約金が発生するので注意が必要です。

モバイルデータ通信もだいたい2年の縛りとなり、手続きをしなければ、そのまま自動で契約が更新されることになります。
他のモバイルデータ通信も利用してみたいという方は、必ず自動更新される前に解約手続きをしておきましょう。

続きを読む

1
PAGETOP