株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

最近の投稿

コンバージョンを上げるには

サイトはお店と同じ・・です。
例えば、コンビニエンスストア。細かく細かくマーケティングを取っています。
緻密に計算された陳列になっていてお客様がまず初めに行く場所には
売れ筋を・・ついでに買っていくようなものをレジ周りに置いています。

これはすごく単純です。

しかし・・同じコンビニでもエリアによって売れる物は当然違います。
なので置いている場所などが違うのです。

お店もサイトも考え方は同じです。
コンバージョンが上がらないサイトは結局使いにくいということです。
ユーザビリティを考えていないというケースが大いに考えられます。

例えばキャンペーンバナーはあるけど、キャンペーンページがない。
見たい内容をやっと見つけたかと思ったら問い合わせフォームが
見当たらないなどなど。

自分のサイトがユーザビリティの配慮が出来ているか出来ていないか・・
を図るにはアクセス解析をマーケティングするのが1番です。
・・が出来ない人はまず第3者に見てもらってください。

きっといい意見が言ってもらえるかと思います。
サイト運営をしていくと・・結構頭でっかちになってしまいがちですが、
お店と同じなので頭でっかちは絶対によくありません。

考えないとダメですが・・考えすぎもよくない。
自然な流れを作る事が1番ですよね。

ではまた。

SEO対策とマーケティング

ECサイトなんかではSEO対策は必須だと思います。
先日・・ある方から色々と相談を受けたのですが、
どういったキーワードでSEO対策をすればいいのか・・?

まずニーズがあるキーワードをSEO対策してくださいといいました。
これはどういうことなのか・・と申しますと、月間検索回数・競合他社
リスティング広告の量など色々な角度からニーズを調べます。
ニーズがあるキーワードでSEO対策をしないとアクセスが集まらないからです。

じゃぁ~ビックキーワードでSEO対策をするのが必ずしもいいのか?
・・となるとそうでもありません。
購買意欲があるキーワードなんかも重要視します。
例えば・・○○通販とか○○販売というキーワードは購買意欲の高いキーワード
ですので、こういったキーワードでSEOをかける方がいいですよね。

こういった事がSEOマーケティングには必要です。
ただ・・おぼろに想像して売ろうと思うのではなく、調べた倒してから
行動を起こした方がいいですね。

成功するも失敗するも・・サイト作成の善し悪しよりもキーワード選びですね。

それではまた。

1
PAGETOP