株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

SEOの内部対策と外部対策

みなさんはインターネットのサイトをお持ちでしょうか?

最近ではホームページ作りも、どんどん簡単になってきましたので、自分で作る方も増えてきました。
自分で趣味のサイトを立ち上げたり、自営業の方ですと、ビジネスのサイトを自分で作成したりする方も多いでしょう。
インターネットのサイトというものは、作って公開すれば、それで良いというものではありません。
サイトに多くの方が訪れてくれるように、SEO対策をするべきでしょう。

もちろん、それを請け負ってくれる業者もいますし、お金を払えば、いくらでもSEO対策を外注することが出来ます。ですが、そこまで経費をかけられる余裕がある会社もそうは多くないでしょう。SEOの内部対策は、自分達でやっておくという会社も多いです。内部対策とは、どのようなことかと言いますと、サイトの中身がどれほど充実しているか、というような要素です。

例えば、ちゃんと定期的に更新されているのか、ページの構成はわかりやすくされているのか、また、内部リンクをきちんと貼ってあるか、などです。
要するに、ユーザーが見やすいように、必要な情報がすぐわかりやすいように、サイトをきちんと作っているか、どうか、これが内部対策となります。
これらのことは、Googleなどで、検索をした場合、表示される順位を上げるためにはとても有効です。

せっかくサイトを立ち上げたのでしたら、検索でひっかかりやすく、どうせなら順位が上に出るようにしたいですからね。

SEOの内部対策として、具体的に出来ることと言えば、ほかにどんなことでしょうか。
それは、サイトを巡回しているGoogleのロボットなどが、HTML、CSSを認識しやすいように作ることでしょう。

サイト構築の知識があれば、誰にでも出来ることですので、企業内でサイト関連の担当をする方は、これらについて勉強しておきたいものです。
SEO対策の書籍などを読むことでかなり理解出来ますし、ネットでも情報はたくさん溢れていますので、調べて学んでいけば自分のスキルアップにも繋がりますよね。

他にも、アンカーテキストを工夫することでも、内部対策になりますし、ページの関連性を強めることもおすすめです。

SEOの外部対策と違って、内部対策は自分で出来ることですので、サイト構築を見直し、修正していけば、努力次第で検索順位も上がってくると思います。
さて、お話してきましたように、SEO対策には、自分で出来る内部対策と、外からの要員が大きい外部対策があります。これらのうち、「どちらが大切なのか」、これはウェブを担当する人でしたら、一度はぶつかる問題だと思います。内部対策は、サイトの評価を高めて、かつ、効率よく検索エンジンにひっかかるように、サイトの構築を考えるという方法です。

最適化と呼ばれていることもありますが、SEOの基本ですよね。
一方、外部対策というものは、外部要因に関係していて、例えば、他のサイトにリンクを貼ってもらうことなどがあげられます。

検索エンジンの考えとしては、他のサイトからリンクを数多く貼られているサイトは重要サイトだという認識があります。
SEO対策は、このようなことに基づいて行なわれていますので、外部リンクを増やすことが効果的です。ご存知の方も多いでしょうが、関連性のあるサイトからリンクされることが重要であって、SEO対策のために作られたジャンルがバラバラのリンク集などに掲載されていても意味がありません。

このようなことをしていてはサイトの評価を落とすだけですので、内部対策をしていたほうがずっと良いでしょう。
内部対策と外部対策、大切なほうはどちらかという問題ですが、一概には言えません。

ですが、最近の検索エンジンのアルゴリズムは、外部要因をより重要と考えているようです。

SEO対策の業界でも、言われていることですが、比率にしてみれば、7対3くらいで、外部要因のほうが重要だと考えられています。
ですから、社内でSEO対策をするのであれば、外部要因を重視して対策をしていったほうが、サイトの評価アップに繋がると言えるでしょう。
ですが、これらのことは、サイトの基本的な内部対策がしっかりと行なわれている前提で、プラスして、外部対策もしっかりやるという意味です。
サイトそのものが悪ければ、いくら外部対策をしても結果は出にくいと思われます。

SEOというものは、内と外、両方の対策がきちんと行なわれていることで効果を出しますので、双方を充実させていくことが一番でしょう。


PAGETOP