株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

ネットショップを開く事のメリット

「低資金」で開業できるのがネットショップのメリットだと思います。

何かお店を開きたいと思った時、実店舗の場合は店舗の費用や内装等、物凄くお金がかかります。何十万円?何百万もかかる事もたくさん有ります。また家賃などの光熱費も月々かかりますよね。また立地もきちんと考えないと集客も期待出来ません。こうした費用を払っても利益が出るのであれば良いのですが、それもなかなか難しいとなると実店舗を潰さなくてはいけなくなります。その実店舗をネットショップにする事でこれらの費用を最大限に抑える事が出来る様になります。

ホームページを開設する費用、検索エンジンで上位表示される為のSEO対策をしてもらう為の費用、上位表示されるSEO対策は業者じゃなくても自分で方法さえ分かれば出来ますので費用は更に抑える事が出来ます。ホームページの運営にかかる費用と商品の在庫費用さえあればご自宅にいながらにしてネットショップを開業する事が出来るのです。またオーナー自身が夜中眠っていたとしても、ホームページにショッピングカート等のシステムが入っていれば24時間いつでも買い物をしていただけるので、人件費もかからずに済みますよね。

お店を開くのであればコストパフォーマンスがとても良いネットショップを開くと言う方法を一度考えてみてはいかがでしょうか。
ホームページの作り方によって売上もだいぶ違ってきますので、直接お客様の顔は見えなくてもやりがいは有ると思いますよ。

顧客を選ばない

ネットショップの場合は「顧客を選ばない」と言うメリットが有ります。
実店舗の場合はお店の雰囲気や出す場所によって顧客層が違ってきますよね。また、そのお店に通える人だけしか商品を買ってもらえないと言う事になり、顧客層が狭くなると思うのです。

そうした点をメリットと出来るのがネットショップになります。

ネットショップのターゲット層はインターネットが見られる環境に有る人、全てと言って良いでしょう。それが地方にいても、海外にいても、お子様でも高齢者の方でもどなたでもホームページが見られれば顧客ターゲットになると言うメリットが有るのです。このメリットは凄い事ですよね。もし私達が地方に住んでいた場合、お店があまり無くて欲しい物が見つからないとします。

そんな時インターネットを使って検索を行い、上位表示されたホームページを閲覧して気に入れば、どこに住んでいるオーナーのホームページなのかと言う事も気にしないで購入する事が出来ると思うのです。更に日本にいながら海外のホームページにアクセスして購入する事も可能です。実店舗では顧客層を絞る為の方法、広げる為の方法をやっている所も多いですが、実際に幅広い顧客層となるのは難しいと思います。ネットショップに関しては無限の可能性を秘めていると言っても良い位だと思うのです。

どなたにでも買っていただける様なホームページ作成をし、上位表示される様にSEO対策も行いネットショップを運営して行けばいいと思いますよ。

低リスク

「低リスクである」と言う事もネットショップの大きなメリットと言えるでしょう。
何か商売を始めてみたいけれども、多額の費用をかけて初めて上手くいかなかった場合の事を考えるとどれだけ損失が出るのか、そうした事を考えると実店舗での商売はなかなか開始出来ないかもしれません。

その点ネットショップで有ればそうしたリスクを最低限に抑える事が出来ると言うメリットが有るのです。

ネットショップ開業でかかる費用と言うと、ホームページ作成にかかる費用、検索結果で上位表示させる為の費用、商品の仕入れの費用、インターネット使用料、送料、雑費等で、家賃や光熱費などは発生しませんし、店員さんを雇う訳では有りませんので人件費も自分だけの分と言う事になります。万が一ネットショップの閉鎖になったとしても、仕入れた商品が無駄になると言うリスク位だと思うのです。

こうしたリスクが低いと言う事からネットショップには大きなメリットが有ると言えると思います。

もちろんネットショップにメリットが有っても検索エンジンで上位表示される等、集客に関する方法もきちんと行わなければ売上にはなりませんので、運営方法等も考えていかなくてはなりませんが、そうしたリスクも実店舗と比較してリスクは低いと思います。こうした中、ホームページ上でのやり取りになりますのでお客様や取引先と直接顔を合わせる事が少なくなります。ですから様々な事務作業や取引の流れが滞ったりしがちですが、こうした事は信用問題になりますので、きちんとやる事が大切になります。リスクが低いからこそ仕事と言う認識を強く持ち、成功する様に運営していく事が大切になると思います。


PAGETOP