株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

商品リスト広告

昨年からGoogleの「商品リスト広告」が登場したことで、ECサイトの集客方法は大きく変わりました。

商品リスト広告・・・企業名、商品名、価格、商品画像などをGoogleの検索エンジンの結果表示画面右上に表示する広告。

Googleで検索している全世界の人に自分(自社)のECサイトを宣伝できるわけです。
しかも商品画像付きなので、インパクトが強く宣伝内容もわかりやすいことから、一般的なテキスト広告よりもクリックしてもらえる確率が高くなるというメリットもあります。
特に多くの商品を扱っている企業にとっては効果的な集客方法であると言えます。

使い方は、商品情報をGoogleのMerchant Centerへ登録するだけなのでとても簡単です。
キーワードの登録などは一切不要で、登録だけしておけば全商品がターゲットとなり自動的に広告が作られる仕組みです。
従来使われていたテキスト広告の場合、キーワード選定をしたり、広告文を作成したりしなければならず、そのノウハウを学ぶ必要性もありました。
こういった作業が一切不要なため簡単に利用できるのです。

最大で3から6の広告が画面右上に独立した形で表示されます。あとは検索エンジンの利用者が検索をかけたワードに関連性のある商品情報があれば、自動的に選ばれて広告として表示されます。商品リスト広告は、商品ごとに個別の単価を設定できます。

広告を表示する曜日や時間を指定することもできます。広告料金は、クリック単価による請求となっています。上限クリック単価を決めておくこともできます。


PAGETOP