株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

オールドドメインの問題

オールドドメインが注目を集めていたのは、かなり前からです。

それはSEO対策が本格的に議論されるようになったからです。
当時はオールドドメインの探し方を真剣に検討していた人たちもいました。

探し方が良ければ、運よく有用なオールドドメインを見つけることができたかもしれません。オールドドメインが有効となるのは、それまでのリンクを引き継ぐとともに検索エンジンが付けたページランクを維持している場合です。しかし、オールドドメインとは使用されなくなっているドメインですから、ページの更新がしばらくの間停止しています。

それを検索エンジンが検出して、ドメインの評価を下げてしまいます。

オールドドメインを利用しようと考えている人の多くは、人が作ったサイトをそのまま購入すれば自分は楽ができると考えています。そして、インターネット上にはたくさんのオールドドメインが販売されています。それらが本当に有効な働きをするかどうかはわかりません。ランクが下がったとしても、それは所有者が悪いと言われてしまいますから、高いお金を出しても期待外れの可能性を否定できません。

SEOが楽になるようなオールドドメインなら、安価で購入できるはずもないでしょう。
業者の話をまともに聞いてしまうと、落胆してしまうことになりますから、注意しなければなりません。
問題はどこにあるかをしっかり理解してください。

ドメインを取得することだけで、自分が利益を得られると考えるのは間違いでしょう。






PAGETOP