株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

中性脂肪を減らす食事について

最近メタボが気になる今日頃・・・。

減らすといい食材や中性脂肪について調べました。

なんでもただ食べる量を減らせば中性脂肪を減らすことができるわけではありません。

体にとって必要となるものは食べる、少し量を減らすようにした方がいい食材は減らすといったように、何の食材を減らすと効果的なのか知ることが大切です。
今日はここで減らすといい食材を紹介します。

食事を選ぶ際の参考にしてください。

あくまで参考の一つですよ~。

<アルコール>
アルコールをよく摂取する人は、高脂血症になる確立が高くなります。
アルコール自体がそのまま中性脂肪になってしまうわけではありません。
しかしアルコールを飲むと、体の中でアルコールを分解するときに、脂肪の合成のために必要な酵素を作り出してしまうのです。
また肝臓に負荷をかけることで、小さいタイプの中性脂肪が肝臓に増えてしまいます。
すると大きいタイプの中性脂肪もうまく分解されなくなって、体の中に中性脂肪が増えてしまうことになるのです。

<砂糖>
砂糖にはショ糖が含まれています。
これが中性脂肪を作りだす材料となってしまうため、できる限り量を減らして摂取していきたいのです。
甘いジュース、お菓子などには特に砂糖がたくさん入っているので避けたいです。

<くだもの>
くだものにも果糖という糖分が含まれています。
これが中性脂肪を増やす原因となります。
しかしくだものには、体に必要なビタミンC、食物繊維、ミネラルなども豊富に入っているため、全く摂取しないのではなく、適量を摂っていくようにするのが理想です。

普段何気なく口にしていた食べ物。
これらを意識して減らすように食事をするだけでもかなり効果があると思います。

中性脂肪を減らす食事

中性脂肪を減らすためにできること、適度な運動をすること、食事に気をつけることです。
運動は激しい運動ではなく、ウォーキングなどで軽く汗をかくくらいがベストです。
毎日続けることが大切です。
次に中性脂肪を減らす食事をするために注意すべきポイントを説明します。

1.食べ過ぎに注意。
無理に食事を控える必要はありませんが、食べ過ぎはいけません。
自分の標準体重の維持ができる範囲の食事量を摂るようにしてください。
標準体重は、「身長(m)*身(m)*22」で計算することができます。

2.アルコールを控える。
先ほども述べましたように、アルコールは中性脂肪を増やす大きな要因となります。
完全に断つことはできなくても、1週間に1日か2日は休肝日を設けて体を休ませてあげましょう。
適正量としては、ビールで大瓶1本、日本酒で1合、ウィスキーでグラス1杯までです。

3.炭水化物の摂取量を控える。
お菓子、ジュースなどを控える。

4.摂取する油脂類に注意する。
動物性を控えて、植物性油や魚油を摂取するようにしてください。

5.食物繊維を摂取する。
野菜や海藻、きのこ類には食物繊維がたくさん入っています。
食物繊維は体内に糖質、脂質を吸収されにくくする働きがあります。
積極的に摂るようにしてください。

6.魚介類を摂取する。
さんま、サバ、イワシを始めとした青魚には「EPA」、「DHA」を呼ばれる成分が含まれています。
これらは中性脂肪が肝臓で合成されるのを抑える働きがあり、血液中の中性脂肪を減らすことができます。

サプリメント何かもいいみたいだし、この年齢になったら自分で気をつけてやっていかないとダメだなと思いました。

ココ、モニターやっているみたいやね・・。
『SUPERサラシア』500円モニターを募集!

って言っている間に腹減った。。。






PAGETOP