株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

ビジネス

日本ではビジネスとは仕事の事をさします。そもそもどういった意味なのだろうか。

ビジネス(英: Business)は経済行為を表す用語であり、狭義から広義まで様々な意味を持っていて、1つの日本語に置き換えて表現することはできない。以下に、ビジネスの代表的な意味を、簡単な表現事例をとともに記す。一件あたりの商談、商取引、売買、など(商売)を表すビジネス(例 : ビジネスが成立した。)、仕事や職業、業務などを表すビジネス(例 : 私のビジネスは……)、商業活動や経済活動全般を表すビジネス(例 : 昨今のビジネスは…… ビジネス界においては……)

広義のビジネスについては次のように表現することが出来る。ビジネスとは営利や非営利を問わず、また、組織形態を問わず、その事業目的を実現するための活動の総体をいう。したがって、ビジネスの主体者としては株式会社などのような営利企業だけなく、NPOなどの非営利活動法人や住民サービス提供などを行う行政組織等を含み、個人または法人組織などの事業体がそれぞれの事業目的実現のために、人・物・金・情報などの諸資源を活用して行う活動全体を意味する。

上記を見てわかるとおり、ビジネスはかなり広い意味で使われ、広い言葉である。

ではどういったビジネスがあるのか・・。たくさんありますが少しご紹介。

ビジネスにも様々な業種があります。ソフトを作っているところやハード(物)を作っているところ。サービスを売っているところ・・・など様々な会社があります。

地中探査、液体検査、鉄筋探査など、技術と知識をサービスとして提供している会社。まず、鉄筋探査とはコンクリート構造物の鉄筋の配筋状態・かぶり厚・鉄筋の直径などを調査し施工管理状態の品質を確認したり・改修工事・耐震補強などに使用するコア穿孔工事やあと施工アンカー工事の鉄筋切断を防ぐ為確認調査で施工作業前に使用されています。地中探査とは地中レーダ法を主体として、現場状況に応じて各種物理探査法を用いて、地中の埋設管、空洞、構造物等を非破壊で探査します。このような鉄筋探査・液体検査・地中探査などを行っているところがいいですね。

電話工事などのサービスを提供している会社。主に電話工事を頼むのはビジネスフォンです。ビジネスフォンとは複数の外線と内線を共有して制御できる電話装置システムのことです。複数の外線と内線を制御する主装置と、複数の端末機から構成され、機能の高いものになると数百台の子機を制御できます。このシステムにより、同主装置で制御された子機間で、内線、外線着信保留転送などの機能があります。家庭用の電話機との一番の違いは、この複数電話制御の機能です。NTT、日立、ナカヨ、サクサ、沖電気、岩通などの商品が主流です。ビジネスフォンとはその名前から、なんかビジネスで使う専用の難しい電話機のようなイメージがありますが、基本的には受信して、発信する普通の電話です。たくさんあるボタンに、普通の人が考え付かない特殊な機能が隠されているわけではなく、電話番号のメモリやどこの電話番号にかかってきたかを知るための装置です。つまり、普通の電話をビジネスで使うために、ほんのちょっと改良したのがビジネスフォンです。

家具や家電をレンタルできるサービスを提供している会社もあります。例えば単身赴任などが多い人はこういったレンタルサービスを使えば体一つでどこへでもいけます。家電も常に新しいのが出るのでわざわざ買ってまではという人もレンタルがいいですよね。賃貸マンションに住んでいる人なんかは何年住むかわからないのでレンタルの方がおすすめだったりもします。あとは老人ホームや施設なんかでもこういったサービスが使われたりしています。

会社整理をしてくれる会社なんかもあります。会社整理と会社の倒産は少し違っていて、会社整理は借金がない、あるいは借金があっても資産の売却等で完済できる。という状況で会社を畳むことで、倒産は借金の返済に行き詰まって(返済が滞納して)事業の継続がほぼ不可能になった状態。会社更生法の適用などで、事業の継続が可能な場合もあります。会社の倒産は仕方ないですが、この整理については相談できるところがあります。

営業代行や電話代行、秘書代行などといったサービスを提供しているような会社もあります。秘書代行とは一般的には依頼者の代わりに電話応対を行ったりする秘書的な仕事をする代行サービス業を指す。秘書代行(ひしょだいこう)、電話秘書代行(でんわひしょだいこう)などと一般的にも呼ばれる。昭和40年代には始まっている古くからの代行サービスである。ボイスワープなどの電話転送サービスを使用して業者側の電話番号から依頼者へ通話を転送するタイプと、逆に依頼者側の番号から業者へと逆転送をするタイプと、そのどちらでもない業者側の電話番号で業者が受けるタイプがある。電話代行業者は私設私書箱を兼業する場合も多い。また契約には身分証明書が必要な場合が多い。電話回線を利用するため、事前に保証金を預かる場合や、初回のみ入会金が発生する場合も多い。

まだまだたくさんありますが、こんなところで・・。

自分でもビジネスの事や会社の事は何でも調べる事ができます。気になった会社やビジネスがあったとすれば、まずは調べることが大事です。


PAGETOP