株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

在庫を極力持たないで個人輸出ビジネスをする方法

普通、個人の輸出ビジネスを行う場合、商品の手持ちがある前提で大手ショッピングサイトであるamazonや海外向けのオークションなどに出品して販売すると思います。

ところがこういった方法の場合、もちろん手元の商品が完売する保証は無いですし、売れ残りの在庫がたくさん発生して、赤字になるケースも少なくないように思われます。
どの程度の在庫を抱えるかという事が、個人の輸出ビジネスに付いてくるリスク回避のポイントとなるのです。

絶対的に売れる商品を見定められるなら、いくら在庫があっても売れ残りの心配は無いでしょうが、それは非常に難しい事ですよね。
そこで「無在庫販売」と言う画期的な個人の輸出ビジネス法があるそうです。この方法でしたら、極力在庫が無くてもビジネスが成り立つそうです。

ただしサイトによっては、この方法での取引が出来ない場合もありますので、事前にしっかり下調べをするようにして下さい。

流れとしては、目的の商品が仕入先にあるかどうかをチェックして、そのアイテムを実際に仕入れる前にamazonやその他のオークションにて出品してしまうのです。

仕入れのタイミングとしては、注文や落札があった時に正式にその商品を仕入れ、そのままお客さんに発送する事になります。

そのため個人の輸出ビジネスを行う上で、それほど手元に在庫を用意する必要がなくなるのです。
この方法でしたら、確実に需要と供給のバランスが取れるので、赤字になる心配は無く安全な取引の仕方だと思うのですが、どんなものにもリスクは付き物です。

注文があり仕入れようとした際、その商品が売り切れてしまっている事があります。
そうなると、お客さんに連絡して取引をキャンセルするほかありません。

座を抱えるリスクを避けるためには、このようなデメリットも理解しておく必要があります。
個人の輸出ビジネスを行う際は、是非ご紹介した方法をご参考にして下さいね。

【関連書籍】

 

 






PAGETOP