株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

個人輸出ビジネスの関税について

世界中に「関税」という税金があって、この関税は各国が国内産業をしていく中で重要な税と言えます。

例えばこの日本においては、海外からの輸入アイテムが10,000円以上する場合、税金が発生し輸入側の国がこれを支払う義務があります。
一方の輸出でしたら日本側が海外へ輸出しますので、その商品を買った国側が関税を支払うという流れになるのです。

こちらの免税は、アメリカでしたら200ドル、中国なら100ドル、そしてイギリスは33ドルというようにその基準は国によりけりです。
すると基準額が高い設定の国ほど輸出の際の関税がかかりにくいわけですから、輸出の需要が増加するのです。
中でもオーストラリアでは、740ドルまで非課税という高い基準値を設けています。

輸出先の各国はどうにか関税を抑えるために、日本の輸出元業者などへ「価格設定を下げて欲しい」「個人使用目的という事にして欲しい」「ギフト扱いにして欲しい」などという要望を出すケースも少なくないようです。

この場合、日本の輸出業者としては関税を払う立場ではありませんが、この要望を受け入れると事実では無い記述で取引をする事になってしまうので、違反のビジネスをしていると言えます。
そして中には国の規定で輸出する商品に制限があったり、発送のBOXなどに規制があったりもします。

例としてオーストラリアなんかは、輸出の際に元から食料品用に使用されていた箱や食べ物のイラストの箱などは使用禁止とされているのです。

国によっては、関税に限らずこのように多くのルールが定められているので、個人の輸出ビジネスに取り組む際には事前に勉強と確認が必要となります。

 


PAGETOP