株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

個人輸出ビジネスのメリット(休暇)

会社に通勤する方なら、休暇を利用して旅行する場合1泊や2泊程度なら週末を使えばプラス1日休暇をもらえば大丈夫ですが、もしそれが長期で1週間前後の旅行であった場合はそれこそ年に何度も行けませんし、仕事の調整もあるでしょうから随分前もって上司に申し出なければならない事でしょう。

多くの社員と共に勤務しているので、個人的な事情で穴を空ける分の調整は当たり前ですが、これもなかなか容易ではないはずです。

しかし祝日のみの利用で旅行へ行くとなると、多くの旅行客の人混みや行き帰りの大渋滞に必ず巻き込まれそれだけでグッタリしてしまいます。
一方の個人で行う輸出ビジネスなどの仕事形態でしたら、好きな時に気兼ね無く長期休暇が取れるのです。

当然その休暇を取っている間は無収入という事にはなってしまうのですが、世間一般の旅行ラッシュ期間を避けて伸び伸びと旅行が出来るので、これはかなりのメリットと言えるのではないでしょうか。

個人輸出ビジネスに限らず在宅ワークというのは、会社の勤務時間や規則などに全く捕らわれる事無くマイペースに仕事を進めていく事が可能なので、自分の都合に合わせた勤務スタイルが実現するのです。

だからと言って休暇ばかり取っていると利益が見込めないので、本業が個人輸出ビジネスだという場合はその分の微調整をしないといけませんが、上司からの指示や命令も無く自分自身でスケジュールを管理して好きな時に休暇が取れるという事は、こういった働き方の醍醐味と言えると思います。

自らの仕事に関してのスケジュール管理を、バランス良くメリハリのあるペースで行う事が可能な人なら、このお仕事形態は最適だと思います。

【関連書籍】

 






PAGETOP