株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

ECサイト カテゴリ分け

ECサイトでは、商品のカテゴリー分けといったことが大事で、集客にも大きな影響を及ぼすことがあります。
無秩序に商品が羅列されていたら、ユーザーは混乱し、サイトにとどまることはないでしょう。
判り易く分類された商品群は、それだけで検索効率のアップに繋がります。

ユーザーとしては、効率よく、お目当ての商品を見つけたいのですが、どこにその商品があるのか、探すために混乱するよyでは、商品に行きつく前に閲覧を中止し、同じような商品を扱っている他店に行ってしまいます。ユーザーにとってフレンドリーな仕組みとして商品のカテゴライズは欠かせないものです。
きちんと分類されて、出来れば、直感的にリンク先などがわかるものでないといけません。

カテゴリ分類がきちんとなされているということは、SEO対策の面からも有効です。
商品の検索などでは、サーチ結果の上位に表示されます。
ユーザーが特定の商品名で検索をしているのですから、それは、購入意欲のあらわれですから、貴重な顧客であることは言うまでもありません。
商品の掲載をする際に、ブランドごとにカテゴリ分けをし、同一ブランドであれば、をすべての商品をそこにまとめておくといったことです。

SEOでは、キーワードが重要であり、また、商品ページのSEO対策も必要です。
判り易く、整然としたカテゴリを設けて商品のページへリンクさせることが、検索の際に上位表示させるポイントとなります。

商品のカテゴリ分け・分類は当然のようにも思えますが、ECサイト構築の際には、このような検索効率も考慮した構造にすることが大事で、せっかく訪れてくれたユーザーに購買を促し、逃すようなことのないような、使いやすいサイトを模索したいものです。

 






PAGETOP