株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

自社リソースを利用する

ECサイトの集客に、自社が持っているものを活用するというもの無駄がなくていいですね。
企業の場合には、オフィスとなっているビルや店舗があるので、そこに広告を出してみたり、お店のパンフレット、商品カタログや包装紙などに、ECサイトにつての情報を掲載することが考えられます。

一般的に、店舗が実在するお店であれば、ネット上だけのお店よりも信頼感をえやすいという傾向もあり、効果的な集客が期待できます。
よく見かけるものですが「ネット限定」とか「ネット割引」などを行い、顧客がECサイトに興味を持ち訪れるようなものであれば、さらに効果的と言えるでしょう。
つまり、ECサイトで買い物をすると、多くのメリットがあるということを印象づけるもので、ポイントの付与や、ECサイトだけのセールとか、消費者に特典をもたらす企画が良いと思います。

最近では、店舗とECサイトの双方で顧客の囲い込みをはかるために、店舗とネットで付与されたポイントが共通に使えるようなお店が多いです。
もし、ネットショッピングを推進したいのであれば、ネット特典を設けて、ポイント2倍などということも行われており、店頭で商品を確認して、実際の購入はネットでというユーザーも多いようです。
同じ商品を購入するのですから、お得な方が有り難いものです。

店舗には商品のカタログなども置かれていますが、ネットで商品確認をするケースが増えています。そのため、URLやリンク情報は判りやすいものとし、簡単に情報に辿りつくようにしておくことが大事ですし、ユーザーのニーズにあった内容にしておくことも重要です。
自社の既存のリソースを見直し、利用できそうなものは積極的に活用すべきだと思います。


PAGETOP