株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

DFO

ECサイトが外部の集客チャンネルを活用することによって顧客の開拓に繋げようとする手法に「DFO」というものがあります。
集客率の向上をはかるためには、ECサイト利用者との接点を広げていく必要がありますが、其々の集客チャネルごとのデータが必要になってきます。

こういった個別専用デ―タを準備するということは、多くの労力と時間を要しますので、現実的とは言い難いものがあります。
取り扱う商品の種類が多い、商品の入れ替わりが激しかったりすると、商品に関するデータ量も多く、商品登録をするだけでも、かなりの時間を必要とします。
「DFO」は、そんな問題に対処するための方法です。
商品についてのデータ作成、登録の作業が自動的に行われますので、手間を省いて、集客率の向上をはかることが期待でき、売上の増加にも繋がるでしょう。

近頃のDFOではクラウド化がなされ、タイムリーな情報更新によってデータの最適化が可能になっています。
情報がタイムリーであることは、効率的な集客のために重要なファクターでもあります。
言うまでもなく、ECサイトの利用者は、新しくて正しい情報を求めています。
これらの理由から、集客チャネルを効果的に利用する集客方法としてDFOが注目されるようになってきているのです。

集客チャネルの増加により、サイト管理者は商品データの作成や登録、更新などの作業に多くの時間を割くことになります。
そんな状況の中で、クラウド化されたDFOは、作業効率を格段に向上させる効果がありますので、多くのECサイトで使用されるようになっています。






PAGETOP