株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

DSP

ECサイトの集客方法として利用できるものに、Googleの「DSP」があります。
DSPとは「広告入札プラットフォーム」というもので、バナー広告の配信システムとなっており、Googleの最先端配信技術およびネットワークと連携して提供されます。

大量で広範囲な広告を一括配信できるという特徴があり、その特性から企業のECサイトなどで使用されています。

広告コストの無駄を省き、高効率を目指した工夫がなされており、独自のターゲティング機能や広告枠の買い付け機能を備えていたりと、広告配信への最適化がなされています。
配信する広告量を調整しつつ、ターゲットとするユーザーへの効果的な配布が可能で、ニーズにあった最適な方法を模索することができます。

これまでのバナー広告では、広告枠の買い付けにかかるコストの問題や、予測しにくい費用対効果といったこともあり、ECサイト管理者が利用しやすいものとは言えませんでした。
DSPではフレキシブルな仕組みになっていて、例えば、目標に合わせた広告枠の買い付けができますし、クリック課金制という性質から、導入の成果を確認し、広告の配信量の増減などが可能になっています。

広告コストなどを最小限に抑えて効率の良いECサイトとするためには、商品を購入する可能性の高い顧客にアプローチをすることが重要になってきます。
配信先の分析ができればコスト削減も可能になります。
DSPでは、サーバーに保存されたユーザーデータ、個々のユーザーの閲覧状況などを分析してターゲットユーザーの絞り込みができます。
サイトを訪問したが購入にいたっていないユーザーなどにも購入を促すためのアプローチができるのです。

 






PAGETOP