株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

商品リスト広告

ECサイトの集客方法を大きく変えるきっかけになったのは、Googleの「商品リスト広告」の登場でした。
この広告では詳細な情報が検索結果表示画面に反映されるようになっています。
その情報は、企業名、商品名、価格、商品画像などで、直感的に判り易く、優れたユーザーインターフェイスとなっています。

設定の仕方は下記。
https://support.google.com/adwords/answer/2456103?hl=ja

これによって、Googleという圧倒的なシェアを誇る検索エンジンを使用している全世界の人に、自分のECサイトをアピールできるのです。
商品画像が表示されますから、視覚的な効果が強く、テキストによる一般的な広告よりもユーザーの関心を得やすいというメリットがあります。
多くの商品を扱っている場合などは効果が顕著に現れるでしょう。

このツール、商品情報などをGoogleのMerchant Centerへ登録するだけという簡単なもので気軽に試すことができます。
登録を済ませることによって、全商品を対象とした広告が自動的に生成される仕組みです。
これまで行ってきたテキスト広告であれば、キーワードの設定、広告文の作成などに時間を費やすことが必要で、そのノウハウなどを学習する必要がありましたが、そういった手間から解放され簡単に広告のツールとして利用できます。

画面上には独立した形で3~6の広告が表示され、利用者がキーワードを指定して検索をした際に、キーワードに関連性のある商品情報を選択して広告として提示してくれます。
商品リストでは個別の単価を設定することが可能で、その広告を表示する日時などを指定できるようになっています。
クリック単価に応じた広告料金が課せられますが、クリック単価の上限を設定しておくことが可能です。

どういったビジュアルで出るのかは下記で確認できます。
2013-08-06_144036

機能的にはYahooのプロモーション広告よりもすぐれています。
業種などにもよりますが、アドワーズで広告していくことはかなり戦略的に広告出稿していけると言えます。

まずはアドワーズを知ろう。

  

 


PAGETOP