株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

ディレクトリ登録の効果

ディレクトリ登録の効果は最近どうなのかとよく聞かれます。

数ある中でどれを登録したら1番、効果があるのかや登録しておいた方がいいのか?
登録しなくてもSEO的には問題ないのか?

リンク集はダメなのにディレクトリ登録は大丈夫なのか?

などなど、色々と聞かれるので少しまとめてみました。

そもそも、有料のディレクトトリとは・・

◆ Jエントリー

◆ 産経LPO

◆ SASOU Directory

などです。

他にもたくさんありますが、こういったものが有料のディレクトリになります。有名なもので言えばYahooビジネスエクスプレスというのも有名です。つい、最近まではこういったページランクの高いサイトからリンクをもらっているたけでSEO的には非常に良いと言われていました。

はたして・・・

今も効果があるのだろうか。

面白い記事があったのでシェアさせていただきました。
下記をご覧ください。

 

ここ最近ペンギンアップデートなどの影響でリンク分析を進めています。その中で1つだけわかったのは

有料ディレクトリ登録の効果はほぼゼロ

ということを確認しました。

2つのサイトを登録してキーワード検索をしたのですが、どちらも3ヶ月経っても上位表示されないということは確認済みです。ただし、メリットもいくつかあり、今のところペナルティにもならないので現時点でのメリットを紹介します。(これはあくまでも個人のデータから推測したものです)

1.インデックススピードが早くなる。
2.上位表示は無理でもロングテールでの効果が見られた。
3.スモールキーワードであれば上位表示は可能かもしれないが、どちらかといえばトップページのタイトルタグに関連したロングテールSEOには今のところ貢献している

という点があります。

例えば私の場合書評サイトを登録したのですが、本関連は上位表示しており、Jエントリーで登録したカテゴリーと関連のある書籍関連は本のタイトルなどで上位表示したりしています。ですがそれ以外の内容のカテゴリーは上位表示に貢献していないので、グーグルは

1記事280円から。100記事から2000記事までのオリジナル記事作成サービス
管理人も使うSEOテンプレート「賢威5.0」。ペンギン&パンダアップデートSEOマニュアル付き
管理人愛用。ブログ感覚でPC、スマホ、携帯同時作成ホームページソフト「SIRIUS」
関連するカテゴリーまたは記事のみの検索順位を上げる

ということを行っているのかもしれません。一昔前のYSTトップページダウンペナルティではありませんが、トップページは有料ディレクトリー登録後逆に検索順位を下げるという現象も起きているので、ロングテールでの上位表示を目指す、またはインデックススピードを上げる目的での利用はまだメリットがあるのかもしれません。ただ、間違いなく有料ディレクトリへの評価は変化しているので、少しでも

リンクされるようなコンテンツを用意すること

が重要です。

P.S.ただ気になるのは未だに一部ページランク4以上のところからのリンクが手に入る有料ディレクトリなので、ひょっとすると一部のキーワードでは効果があるのかもしれません。今回書いたことはあくまでも私が実験した2つのサイトの感想です。

記事参照元:http://xn--vckta6cvfd6b1db2141fztya.net/?p=317

 

私の個人的な見解ですが、まとめました。

・被リンク効果としては完全になくなってはいない。
・被リンク効果として以前とは異なった認識をするようにアルゴリズム変更されています。
・少なくともページランクを上げる要因にはなっている。
・登録しているからといって順位を下げる要因とはしていない。

これから登録をしようと思っている方は上記のような情報を元にして登録をご検討ください。

以前から言われていることですが、外部リンクSEOからコンテンツ型のSEOに変わってきているのは確かです。よってコンテンツの薄いサイトが重要キーワードで上位に来るということは少なくなってきていると感じています。逆にコンテンツをしっかり作っているサイトを評価していることも確かです。

今後、まずやるべきは外部リンクを増やすことだけに注力を注ぐのではなく、コンテンツも増やしていけるそういったサイト構成を考えなければならないと思います。

 

Jエントリー
Jエントリー
産経LPO
産経LPO
SASOU Directory
SASOU Directory

 

余裕がある方は自社のブランディングとして登録しておくのもいいのかと思います

 


PAGETOP