株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

SEO対策の基本【内部対策】

SEO対策にはサイト内のコンテンツ等で対策を行う内部対策と、リンクなどで対策を行う外部対策とに分けられます。

外部対策についてはGoogleはアップデートでどんどん排除しておりますので下手な小細工は通用しなくなってきているのが事実ですが・・・。

ということで、外部対策は以前は重要視されていましたが、最近は内部対策の比重が高まって来ています。

まずは、その内部対策についてお話します。

まず・・・SEOを考えるときに目標としなければいけないのがあくまでアクセス解析で検索エンジン経由のユーザーを増やすという事にあります。

searchengine

上記のような感じが一般的でしょうか。

あくまで上位表示することだけを目的とするのではなくユーザービリティやオリジナリティを意識して行うと上手くいくのではないでしょうか。
SEO対策は様々な伝説があるのでこちらでご紹介するのはあくまでごくごく一般的な内容をご紹介します。

【内部対策】

・ キーワードの選定

どういう検索キーワードに対して対策をするかは非常に重要です。

まず、Google Adwordsのキーワードツールなどを使って、検索数(総数と季節性など)と競合性を調べましょう。ただ、こちらの数値も1基準なのでこの数値だけで決めてしまうのもどうかと思います。ターゲットを明確にして、そのターゲットがどういうキーワードで検索するかも考慮にいれてキーワードを決めます。

・ titleタグ

titleタグにキーワードを入れて短め(30字以内)で設定します。長くしてしまいがちですが30文字以内と言われています。

・ metaタグ – keywords

昔はSEOの主流でした。今では基準がコンテンツ全体になっているのでそのページの説明という認識で入れておきましょう。

・ metaタグ – description

こちらもmetaタグ同様です。ページの説明として入れておきましょう。

・ h(見出し)タグ

不自然にならない程度にキーワードを含めましょう。
h1タグは1ページに1回だけ記述。h1タグに画像(imgタグ)やリンク(aタグ)は設定しない方が良いと言われていますが、こちらも出来るのなら守ってもらって無理ならデザインやコンテンツ重視でコーディングですね。

・ 画像のalt、title属性

画像には全てalt属性を付けて下さい。alt属性にもtitle属性にも対策キーワードは含まない方が良いと言われています。こちらも画像の説明を入れればいいのであまり意識し過ぎずその画像の説明を入れるようにしましょう。

・ テキスト

テキストにはキーワードを含めて1000字以上にする。これも基準です。基本的にキーワードは多めに含めた方が良いですが、多すぎると過剰SEOとみなされます。自然な文章を心がけましょう。

・ 下層ページ

下層ページは対策ページとできるだけ同じ文章を使わないようにします。これはオリジナリティやユーザビリティを考えた時にもそうした方がいいと思います。テキスト量を300字以上にして、titleタグなどの内容も被らないようするといいと言われています。

・ 内部リンク

内部リンクもしっかり設置します。アンカーテキストもできるだけ対策キーワードを含めるようにして下さい。ただし、これも過剰にやるとペナルティの対象となるので、ユーザーにとって使いやすい程度に抑えて下さい。

・ その他

canonical

linkのcanonical属性はサイト内に同一内容のページがある場合は必ず設定します。携帯サイトを設置する場合はalternate属性を設定すればcanonical属性は必要ありません。スホートフォンサイトにはcanonical属性を設定します。

リッチスニペット

googleは「googleと相性の良いサイト」としてリッチスニペットの設定を薦めています。基本的には設定しておいた方が良いですが、検索結果の画面で検索の目的が達成されてしまうとサイトに訪れない可能性も増えますので、慎重に行いましょう。

サイトボリューム

ページは多ければ多い方がいいですよね。
これはブログであってもhtmlであってもいいと思います。ページとしてしっかり作り込む。これが大事です。






PAGETOP