株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

Googleにインデックスされない時に確認すること

Googleにインデックスされない時には何か要因があります。

まずはウェブマスターツールを確認。

helpには下記のようなことがかかれています。

クロールされない、または Google のインデックスに登録されないページがある

Google のインデックスには数十億ものウェブページが登録されています。Google では登録するページ数を増やすべく努力をしていますが、各サイトのすべてのページがクロールされるとは限りません。Google は、ウェブ上のすべてのページをクロールしているわけではなく、クロールしたすべてのページをインデックスに登録するわけでもありません。サイトの一部のページがインデックスに登録されていないとしても、それはごく普通の状態です。

サイトのすべてのページが Google のインデックスに必ず登録されることを保証はできませんが、Google では、Google と相性の良いサイトについてのガイドラインを提供しています。次の点を確認してください:

別バージョンのドメイン名で、ページが Google のインデックスに登録されている可能性があります。たとえば、http://example.com はインデックスに登録されていないというメッセージが表示される場合、アカウントに http://www.example.com(http://www.example.com が登録されていない場合は http://example.com)も追加していることと、サイトのデータを確認してください。

サイトが新しい場合、Google でクロール、インデックス登録がまだ行われていないために、インデックスに登録されていない可能性があります。Google にサイトを知らせる方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

以前サイトがインデックスに登録されていて、現在は登録されていない場合は、考えられる原因をご覧ください。

・Googleウェブマスターツール登録 ・・・ http://www.google.com/webmasters/tools/
・サイトマップの作成・送信 ・・・ http://www.sitemapxml.jp/
・オリジナルコンテンツ量の確認 ・・・ 60%以上、他のページと重複しないコンテンツがあるといい。
・リンク構造の確認

あなたのページ内部のリンク構造は、検索エンジンに好まれるようなかたちになっているでしょうか? 検索エンジンに好まれるサイトおよびリンク構造は、クローリングされやすくなっているということです。まず、サイトのディレクトリ階層については、「深過ぎないこと」が重要です。最大でも6階層以下に抑えておくのが目安と言われています。この階層が深すぎてしまうと、検索エンジンがクローリングをしないで帰ってしまうことがあるからです。

そして、内部リンクをクロスリンク構造にしておくことも大切です。トップページから各カテゴリページへのリンクはもちろんですが、下層ページからトップページ、下層ページ同士でリンクし合うというような構造のことです。これによって、検索エンジンがホームページを満遍なく巡回出来るようになるのです。

検索エンジンはロボットです。機械的にホームページを巡回していくだけなので、途中で行き止まりにならないようなリンク構造にしておくことが、インデックス数を増やすことにつながります。

・発リンク数が多すぎる ・・・ 特にトップページから他サイトへのリンクが多いとドアページとみなされやすい。
・過去にペナルティを受けたドメインの場合 ・・・ あきらめる方が早い。

上記を確認してみてください。






PAGETOP