株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

被リンク数とSEOの関係を知る

最近のSEOの動向は様々です。

ただ、一貫して言われ続けているのが優良コンテンツの有無です。上位に上がっているサイトは優良コンテンツであるというのが現状です。一部、なぜ・・?ってな感じのものもありますが大抵はコンテンツを重視しています。

さて、SEO対策は被リンク数と言われ続けていましたが、最近では下記のようなことが起こっています。
1位のサイトが被リンク数500で2位のサイトが3000なんてことがあります。

ですので、被リンク数を増やせばいいというものではありません。

トップページで色々なサイトの被リンク数を調べてみてください。これだけ見ると「被リンク数とSEOは関係ないのではないか」と思ってしまいます。これは被リンクの関連性や質を向上させるために行っている施策で必要ではあると思います。関連のないサイトから多数リンクを受けても仕方ないからでしょう。

確かに昔は数を増やせば上位表示されていました。

しかし今は違います。数よりも質が重要な時代です。良質なサイトからの被リンク1個は、そうでないサイトからの被リンク100個よりも効果があります。つまり被リンク数がSEOと関係ないのではなく、良質なリンクをたくさん集めることが重要なのです。

また被リンクの分散も大切です。同じサイトや同じ無料ブログから数多くの被リンクを獲得してもあまり意味はありません。世の中にはたくさんの種類のサイトがあります。無料ブログも数十種類あります。本当に良質なコンテンツだったら、日本中、あるいは世界中に存在する様々な種類のサイトやブログから被リンクを獲得できるはずです。また、自然と被リンク数も増えていくはずです。SEOの最終形態は良質なコンテンツを作成することなのです。

・・・まぁ、上記のようなことを行っていくと多大な時間とお金がかかってしまいますので自分ではなかなかできませんよね。

これからはSEO便りのサイト運営というのも難しくなってきますので準備も必要ですね。






PAGETOP