株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

SEOというキーワードの検索結果

近年、パソコンで検索するという行為は当たり前になっています。

インターネットを開いた際、ほとんどの人がYahooまたはGoogleの画面に設定しいることでしょう。

そして、検索結果も日々進化しています。今日はそんな検索結果のお話・・・

例えば、手っ取り早く説明すると「SEO」というキーワードで検索します。

すると下記のような複合キーワードが出てきます。

SEO検索結果

注意してみてほしいのが、右の列です。

左の列にあるようなSEOというキーワードに対して、「診断」「チェック」「Google」「ブログ」などといったキーワードは欲しい検索結果です。しかしながら、「セオ 晴海」や「瀬尾 産婦人科」といったキーワードはおそらくローマ字の「SEO」ではなく「セオ」や「瀬尾」で欲しい検索結果でしょう。これはどういう事かというと日本語はまずローマ字に変換してみると「せお」は「SEO」と分類されます。ですので、検索結果に反映されます。

では、「せお」や「セオ」は?

セオ

せお

これはこれで、次は検索バーの下に上記のように「せお」はもしかして: seo じゃないのですか?と聞かれたり、「セオ」は他のキーワード: seoだろうとか聞かれます。よく検索する人が打ち間違えたり、変換ミスをしたりするキーワードだからです。

こういった感じで、Googleは日々、検索する人の気持ちに立ってアルゴリズムを考えています。今後、更に進化する事でしょう。

※ちなみに・・・

自分の名前なんかで検索すると似たような名前の有名人の名前が出てきたりします。今はなくなりましたが、以前まで私も「田中昌浩」と検索すると「もしかして 田中将大」などと出てきたりして少しさみしい気分になったことを覚えています。

今日は、そんな感じです。では。


PAGETOP