株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

ペンギンアップデートとは

先日、パンダアップデートについてお話しさせていただきましたので、今回はペンギンアップデートについてご説明差し上げます。

ペンギアップデートとは・・

Googleが検索結果スパムやGoogleのガイドラインに違反して故意に順位上昇させようとしているサイトの排除を目的とした新しいアルゴリズムのことです。具体的に言うと、外部リンクに使っているようなサイトにちゃんと情報が入っているのかどうか・・?という事です。

ペンギンアップデートは、2012年4月24日にリリースされ、英語環境では検索クエリの3%に影響がでたなど、大きな影響を与えているようですよ。ちなみにペンギンアップデートは、パンダアップデートと同様に白黒はっきりさせることを目的に、色が白黒のペンギンと名前がついたという風に言われています。

ペンギン

ペンギアップデートの特徴

2012年になってから、ペンギンアップデートや、パンダアップデートなど多くの変動が続いています。これは結構、お気づきの方もいらっしゃるかと思います。
これらの影響を受けて順位が下落したサイトの特徴は、

・SEOを意識し過剰施工したサイト
・Database Drivenなサイト(Press Portal、News Aggregatorなサイトも)
・同一テンプレートで作ったサイト(heavily template based websites)
・他サイトのコンテンツをかき集めて加工しただけの意味のないサイト
・検索利用者にとって意味のないディレクトリやリンク集
・SEOリンク構築目的のブログネットワーク

上の中で、同一テンプレートで作ったサイト(heavily template based websites)は、たまたまの傾向でほかに要因があった可能性がありますね。これがNGだと、ブログテンプレートを使ったサイトなど全てがNGとなるので、あまり考えられません。Database Drivenなサイトとは、色んなところからデータ(ニュースなど)を持ってきて並べ変えただけのサイトの意味です。以前は、ニュースネタやトピックスを調べると軒並みこういったサイトが上がっていましたがペンギンアップデートの影響もこういったところに出ているようです。

 

過去のペンギンアップデート情報

ペンギン・アップデート1.0:2012/4/24

ペンギン・アップデート2.0:2012/5/25(間隔:約4週)

ペンギン・アップデート3.0:2012/10/5(間隔:約19週)

【参考】http://itomakihitode.jp/term/?p=penguin_update

 

ペンギンアップデートでの下落を防ぐには・・

ペンギンアップデートやパンダアップデートなどの影響を受けて、順位が下落した場合は、すぐにサイトのSEO状況を把握しておく必要があります。

現状、Googleも色々な試行錯誤を繰り返しながらアルゴリズムを変更していっていますので、なぜこのサイトが落ちるのかなぜこのようなサイトが上がっているのか・・・なんてことは日常茶飯事に起こっていますしかしながら、一貫して言えるのはコンテンツの充実ということ。

まず行うべきことはユーザビリティを考えサイトをしっかりと作り、有益な情報を与えるようなコンテンツを増やしていくことでしょう。
ブログを書くというのもいい事ですが、無意味にたくさん!というよりは有益な情報をたまに!の方がいいかと思います。

お気づきの方も多いかもしれませんが・・
ブログでもしっかりとコンテンツを書き込めばかなり検索エンジンに引っかかってきます。htmlだからとかphpだからとかあまり関係なく、Googleは有益であろうコンテンツを上位に持ってくるようにアルゴリズムを常に考えているという事ですね。

まず、自分で何かをするのであればブログをしっかり書くというのがいいのかもしれませんね。






PAGETOP