株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

MakeShopがeコマーストランザクションに対応

昨日に引き続きでメイクショップについての記事を書きます。「MakeshopでGoogle Analytics を設定する方法」でメイクショップにGoogle Analyticsの設定についてはご紹介させていただきましたが、メイクショップではGoogle Analyticsのeコマース機能も対応しておりますので、ご紹介させていただきます。

ちなみにeコマース機能とは・・

通常、解析ツールというのは、決済システムと連動していませんので、解析結果は解析ツールで、決済金額は決済システムでしか参照できません(前までGoogle Analyticsもそうでした)。しかし、Google Analyticsの場合、決済システムから金額を送ってくれさえすれば、その金額を取得して、ログと併せて解析レポートに出力してくれます。

これが実現できると、単純にいくら売り上がったということだけではなく、どこから訪問したユーザーが、どのキーワードで訪問したユーザーが、売り上げに結び付きやすいのかということまで詳細に確認でき、集客やサイト改善に大いに役立つ情報が得られる。

ウェブマーケティングは日々進化し、その内容も細かく見れるようになってきています。

 

昨日に引き続き下記サイトから流用させていただきました。
http://www.kagua.biz/setting/makeshop-ectaiou.html

まず予め、Google Analytics のほうで、Analytics 設定 > プロファイル設定 > プロファイル情報を編集で、「e コマース サイトです」をチェックしておきます。

次に、MakeShopにログインし、プロモーション > タグの設定 > アクセス解析用のタグの設定で、ウェブプロパティIDを入力し保存します。

ウェブプロパティIDとは、Google Analytics のトラッキングコード内にあります、UA-9999999-1 といった番号のことです。以下のように、ログイン時表示されています。

プロファイルIDとは異なりますので、注意しましょう。なお、元々貼り付けていたトラッキングコードは、削除しませんと二重にトラッキングコードが挿入されてしまいますので、注意して下さい。

記事によりますと、

■Google Analytics「eコマース機能」でできること
・平均注文金額
・商品別サマリー
・購入者の商品別または商品カテゴリー別行動分析
・商品購入までのセッション数・日数の詳細分析

とのこと。
対応プランは、ビジネスショッププラン、プレミアムショッププランの2つ。
MakeShopユーザーには朗報ですね。
 

ASPを使いこなす際にはこういったことも重要なのかもしれませんね。

では。


PAGETOP