株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

エラーを消すためや他の事にURL削除ツールは使わない!

Googleウェブマスターツールを見ているとクロールエラーが出ています。そんな時に使うのが、URL削除ツールです。

意図していない検索結果がウェブに表示された場合はGoogleウェブマスターツールの「URL削除ツール」を使って検索結果から消すことができます。しかしながら・・このURL削除ツールを、Googleウェブマスターツールのクロールエラーでレポートされる404エラーページを消すために使ってはいけないみたいです。

下記をご覧ください。

URL 削除ツールを使用すべきでない場合

URL 削除ツールは、誤って機密情報が公開されているページなど、すぐに削除する必要があるページに使用します。他の目的でこのツールを使用すると、サイトに問題が発生する可能性があります。

次のような場合には URL 削除ツールをご利用にならないでください。

誤った情報をクリーンアップする(404 エラーの古いページなど)。URL 削除ツールは、誤って機密情報が公開されているページなど、すぐに削除する必要があるページに使用します。最近サイトを変更したためにインデックスに古い URL が含まれる場合は、Google のクローラーが URL を再クロールすると、Google の検索結果から古いページが自然に削除されます。このツールを使って、急いで削除をリクエストする必要はありません。

ウェブマスター ツールのアカウントからクロール エラーを削除する。削除ツールはウェブマスター ツールのアカウントからではなく、Google の検索結果から URL を削除します。現在このレポートから手動で URL を削除する方法はありません。404 を繰り返し検出する URL をクロールしなくなると、これらの URL は自然に削除されます。

サイトを「ゼロから再スタート」する。サイトにペナルティが科せられているか不安な場合や、他の人からドメインを購入してサイトを最初から構築する場合、URL 削除ツールですべてのサイトを削除して再スタートすることはおすすめしません。検索エンジンでは、他のサイトから数々の情報(サイトにリンクしているユーザー、リンク元でサイトの説明に使用している言葉など)を収集し、サイトを理解するためにこの情報を活用しています。サイトに関して現在 Google が知っている情報をすべて削除できたとしても、サイトの理解に役立つ他のサイトがすべて再クロールされて、情報が取り込まれると、削除した情報の多くは元通りに登録されることでしょう。ドメインに悪質な履歴があるのでないかと心配な場合は、Google に再審査をリクエストすることをおすすめします。リクエストの際にはご不安や変更事項などを明記してください(他の人からドメインを取得した、あるいはサイトのある部分を変更したなど)。

ハッキング後、サイトを「オフライン」にする。サイトがハッキングされ、インデックスに登録された悪質な URL を削除したい場合、URL 削除ツールを使用すると、ハッカーが作成したあらゆる新しい URL(http://www.example.com/buy-cheap-cialis-skq3w598.html など)を削除できます。ただし、サイト全体を削除したり、最終的にインデックスへの登録を希望する URL を削除したりすることはおすすめしません。その代わりに、ハッキングされた箇所をクリーンアップし、新しくクリーンアップされたコンテンツができるだけ早くインデックスに再登録されるように、Google がサイトを再クロールできるようにしてください。ハッキングされたサイトの対処法の詳細については、こちらをご覧ください。

インデックスに登録されている正しい「バージョン」を入手する。https://www.example.com/tattoo.html の削除リクエストが承認されると、http://www.example.com/tattoo.html も削除されます。「www」を使用した URL/サイトと「www」を使用しない URL/サイトでも同じことが言えます。これは、多くの場合こうした各 URL から同じコンテンツが利用できるためで、Google では、多くのウェブマスターや検索ユーザーは検索結果にこうした重複したページが出現するのを好ましく思わないと理解しています。つまり、正規化ツールとして URL 削除ツールを使用することはおすすめしません。ページの希望するバージョンは保存されず、URL のすべてのバージョン(http/https、www/www 以外など)が削除されてしまいます。Google がおすすめする正規化の方法については、こちらをご覧ください。

ヘルプより引用

URL 削除ツールの本来の使用目的は機密情報が公開されてしまった場合などすぐに削除する必要がある際に使用します。他の目的でこのツールを使用すると、サイトに問題が発生する可能性があるようです。

このように本来の目的以外では使ってはいけないことがわかります。

以前、URL削除ツールでドメイントップを入れているような事をしている方を見たことがあります。これは死を意味します。ドメイン全てを消し去ることが出来るからです。しかし、ヘルプにも書いているように本来意図しない使い方をしたウェブマスターはGoogleにあまりいい印象を与えていないでしょうね。迷惑行為(スパム)です。こういう事を発見すれば即刻やめさせなければなりなせん。


PAGETOP