株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

ロングテールSEO対策

最近、SEO対策を行う上で切っても切り離せないキーワードといってもいいと思いますが「ロングテールSEO」という言葉をよく耳にします。
そもそもロングテールSEOというのはどういった意味なのか・・。?

勝手な見解や解釈が含まれていると思いますがご了承ください。

ロングテール理論とは?

まず下記の図をご覧ください。

ロングテールSEOという言葉は図を見てもらって分かるように恐竜のしっぽみたいに長くなった部分の事を言います。

つまりロングテール理論を活用したSEOというのがロングテールSEOの意味です。ロングテールSEOのいいところはネットショップの戦略としてもよく用いられるものですが、ヒット商品を売り込む(検索回数が多いキーワード)のではなく、販売機会の少ない商品(検索回数が少ないキーワード)でも数を揃えることで、全体としての売上を上げる事ができるというのが特徴です。

上記の事はネットショップに限った話ではありません。例えば、SEOというキーワードで上位に表示するとアクセスがたくさん集めれます。
今回のロングテール理論で言えばそういったキーワードではなく「SEO対策 大阪」「SEO対策 大阪市」「SEO ブログ 書き方」「google seo」などなど、他たくさんのキーワードでアクセスを集めるという事です。まぁ~こういったことは最近できた理論でもなく昔からある考え方です。

ロングテール理論については、色々なサイトで解説されていますので、詳しくはGoogle先生に聞いてみてください。

ロングテールSEOの具体的な手法

検索需要がないキーワードを集めてアクセスアップを図る手法がロングテールSEOという事は先程、説明した通りです。

具体的なやり方についてはまず簡単なところからいくと、トレンドサーチなどを使います。

http://www.google.co.jp/trends/

SEO関連のキーワードを検索して検索されているキーワードについて例えばブログで書きます。すると同じように検索されている方にアピール出来たりします。
実際のGoogleトレンド検索画面は下記です。右下に関連キーワードが出ています。

「seo google」「wordpress seo」などがその一例です。SEOのロングテールを狙うならこういったキーワードでたくさん記事を投稿すればロングテールキーワードが増え、アクセスも恐竜のしっぽみたいになります。今、ご紹介したのはあくまで一例ですので他にもたくさんやり方は存在します。

検索回数の多いいわゆるビッグワードやミドルワードで上位表示することで、沢山のアクセス数を稼ぐ事は可能ですが、検索回数の少ないキーワードでも数が多くなればサイト全体のアクセス数を増大させることは可能ということです。

ロングテールキーワードとビックキーワードの違い

どこからどこまでがロングテールキーワードでどこからどこまでがビックキーワード、ミドルキーワードなのかというと特にこれといった定義はありません。
私がいつも判断するのは検索回数が少ないものをロングテールキーワード、多いものをビックキーワードと判断しています。
「検索回数の少ないキーワード」と自分自身が認識するキーワードをニッチキーワード(ロングテールキーワード)としていただいて構わないのではないでしょうか。

アクセス解析を見ていると、ロングテールキーワードには、ビッグワードやミドルワードを含む複合キーワードも含まれたり、全く関係のないキーワードでサイトにアクセスしてきたりしています。また、ビッグワードやミドルワードがロングテールキーワードになることはありませんが、月に1回、年に1回しか検索されないようなキーワードだとしてもそれらが集まることで大きな力になることがあるのでロングテールキーワードも侮れません。

このブログは一度、記事がすべて消えてしまったのでまたアクセス解析の具体的なデータをお見せできればそのうちご紹介させていただきます。


PAGETOP