株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

デジカメも自分撮りの時代へ

デジカメ各社、「自分撮り」に商機 対応モデル投入相次ぐ・・・こんな記事が出ていました。
http://sankei.jp.msn.com/economy/news/121114/biz12111421520019-n1.htm

そもそも自分撮りをしないので、僕にはよくわかりませんがこれはSNSの要因も結構あるのではなかろうか。

記事を読むとやはりそうでした。
フェイスブックなどSNSやブログで自分撮りをしてアップするためにこういったモデルがたくさん出るようです。

下記記事より抜粋。

デジタルカメラ各社が、新発売するモデルに相次いで「自分撮り」機能を取り入れている。180度可動する液晶画面を搭載しており、回転させれば、画面を確認しながら自分を撮影できる。ブログや交流サイト「フェイスブック」に自分の写真を載せるケースが増える中、この機能をアピールし、新規顧客の囲い込みを進めたい考えだ。

ニコンは、12月に発売する一眼レフデジタルカメラの入門モデル「D5200」に、液晶がクルッと回転するモニターを採用。「画面で確認しながら、簡単、確実にいい表情を撮りたいニーズに対応した」(同社)という。有効画素数は2410万。想定市場価格は9万円前後。当初、月10万台を生産する。

ソニーは、今月16日に発売する、反射鏡など光学式ファインダーの仕組みを省き、小型軽量化したミラーレス一眼カメラ「NEX-5R」と「同6」に可動式液晶を搭載する。無線LANに対応しており、撮った自分の画像をスマートフォン(高機能携帯電話)に転送し、即座に交流サイトにアップできる。想定価格は8万~9万5000円。

カシオ計算機が今月9日に発売した「エクシリムEX-ZR1000」は被写体の動きに反応してシャッターが切れる機能を設けており、離れたところからでも自分を撮影できる。想定価格は5万円前後。

どうせ買うなら、個人的にはカメラは一眼レフなど、高性能の方がいいなぁ~。

なんのけなしにアマゾン見てたんですが、OLYMPUS デジタルカメラ SP-620UZっていうのが売れているようだ。カメラに興味のない僕にはあまり関係ないですが・・・。でもひとつくらいカメラも持っておいた方がいいような気もしてきました。買うか買わないかはわからないけど、ちょいちょいチェック!






PAGETOP