株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

iOS用Googleマップは年内完成予定。

Appleのマップは本当に使いにくい。
だからと言って使わないとも言えないが・・・。

ニュースに出まくっていた時に比べてマップ問題もここ数週間沈静化してきたような気がします。
しかし、一つ残っている問題がある。Googleがいつ、iOSネイティブ版Googleマップを公開するかという事です。

Googleは年内にはアプリを完成させる計画だという話も・・・。

しかしAppleが承認するかどうかわからない。というかしないんじゃないだろうか・・。

でもScott ForstallのApple辞任/追放で、iOS版Googleマップが承認される可能性は高いかもしれません。どちらに転ぶかは現段階では何とも言えないですが、政治的な事やメンツ的な事、様々な要因が出てくるので難しい問題になりそうですね。

Appleは現在App Storeの「iPhone地図App」セクションで、GoogleマップAPIを使っているアプリを一切紹介していない。
これもひどい話です。ユーザーとしては使いやすいものを使いたい。
Google APIを使用しているアプリは「Googleとその優れた製品を宣伝することになるため、故意に最新セクションから除かれている」と言われています。

ちなみに、AppleがApp Storeで大きく取り上げているNavigonというアプリは、GoogleのストリートビューAPIを使っているが、地図やルート案内はGoogleマップに依存していないのでオッケーって言う事なのか・・。総合的に考えてもAppleが単純にGoogleのアプリをApp Storeから排除するとは考えにくい話ですし、ほかにも地図ソフトやルート案内ソフトはいくらでもあり、たとえAppleが推奨アプリとして取り上げていなくても、Googleマップベースのアプリはたくさんあります。

とはいえ、AppleがGoogleのアプリを「ニューリリースと注目作品」や「iPhone 5対応済みApp[Amazing on iPhone 5]」セクションで取り上げることはないでしょうね。

検索していると下記のようなものも発見。
http://getnews.jp/archives/256063

でもそこまでしないと使えないってのもどうなのかな・・・。


PAGETOP