株式会社アルファクトリー

最新のIT情報を発信する 大阪のIT会社で働く社長のブログ CEO BLOG

Payoneer(ペイオニア)って何?

payoneer

Amazon(アマゾン)輸出やairbnb(エアビーアンドビー)、海外で展開するアフィリエイトサービスなど、、、外貨を受け取る際には、海外銀行の口座が必要になります。

そこで今回は、海外銀行の口座を貸してくれるサービスであるPayoneer(ペイオニア)とはどういったサービスなのかをご説明いたします。

※口座開設方法や登録手順(使い方)が知りたい方はこちらをご覧ください。
Payoneer(ペイオニア)登録方法と口座開設

マルチカレンシー対応Payoneer アカウントサービスってなに?

海外取引先から、「簡単」「低コスト」「迅速」に外貨を受取れる国際商取引専用のオンラインサービスです。
Amazonをはじめとするマーケットプレイスからの代金受取のほか、マイカウントから直接海外の取引先に代金をかんたんにEメール一つで請求できる機能あり。「請求サービス」はB2B/C事業の展開にもスムーズに対応可能。

初期費用、ランニングコストなし!オンラインではじめられます。

マルチカレンシー対応Payoneer アカウントでできる事は?

受取専用、利息無し、口座維持費無し

Payoneerに登録した名義(法人であれば企業名、個人であれば個人名)の外貨受取専用口座をもらえる。(Bank of AmericaまたはFirst Century Bank、Barclays、ドイツ銀行またはWirecard)現地で銀行口座を開設したのと変わりがないが、違いは受取専用、利息無し、口座維持費無しという点だ。

payoneer_1

3通貨の外貨受取口座が提供

payoneer_2

※2016年7月現在の情報です。

Payoneerに登録すると自動的に3通貨の外貨受取口座が提供されます。現在、受取れる通貨は、アメリカドル、イギリスポンド、ユーロの3通貨です。

初期費用、ランニングコスト、入金/送金手数料、一切なし

payoneer_3

初期費用だけでなく、ランニングコストや入金/送金手数料など一切ありません。かかるコストとしては、円換金時の為替手数料の1-2%のみで運用出来ます。

 

 

お得な優遇プログラム

payoneer_4使えば使うほどお得になっていく、

優遇プログラムも用意されていて、為替手数料がMAX1%まで軽減されます。

 

 

 

送金日、金額の事前指定が可能

payoneer_5Payoneerアカウントから、国内銀行への送金日、金額の事前指定が可能です。

これはかなり結構、使える機能です。
代金回収日に合わせて設定したりも出来るのでとても便利です。

 

 

請求サービス

payoneer_7「請求サービス」で直接海外取引先に代金を請求も出来ます。

その際に必要なのはEメールアドレスだけ!

 

日本語対応

payoneer_8サイトは日本語で登録すると日本語対応しています。
また、日本語対応カスタマーケアサービスというものもあります。

月~木 15:00-21:00
03-4578-1755

 

簡単にまとめられた動画

Payoneer(ペイオニア)登録・口座開設

口座開設は下記の公式サイトから登録することが出来ます。

■ Payoneer公式ページ

※登録方法はさほど難しくはありませんが、わからない方は下記も参考にしてください。
Payoneer(ペイオニア)登録方法と口座開設

※下記の追記にあたって当ブログ記事は内容を少し変更しました。

payoneer_camp

アカウント累計取引額が20万ドル未満のお客様には、USD入金手数料として1%頂戴していましたが、USD入金手数料は0%へ変更しました。これによって、全ての通貨において入金手数料は無料になります。

新規ユーザーの方は、Amazon.com等マーケットプレイスやアメリカとの取引において、1-2%の為替手数料のみでビジネスを始められます。

 


PAGETOP